意外と低い合格率『原付試験』!落ちた場合はどうなるの?

原付免許の試験の合格率は高くない

原付免許の試験に合格するのって、カンタンという印象を持つ方のほうが多いと思います

実際、いろいろなサイトを見ると
『カンタン』にうかる原付免許
なんて情報が飛び交っていますので、みなさんそれをうのみにしている状態ということです

実は原付免許の過去の試験の統計を見ると、原付免許の試験の合格率は0%~60%

平均すると30%(2021年平均)

これはちょっと意外な数字だと思います

原付免許の試験は簡単!!!

サルでも合格する!!!

とか言っていますが、合格率はダイブ低いということを理解しましょう

決して侮ってはいけません

はっきり言います。しっかり勉強しなかったら落ちます

原付免許の試験に落ちた時の流れ

原付免許の試験に不合格だった時の流れを説明します

まず、原付免許試験におちると、1,500円が消えてなくなります

原付試験を受ける場合、受験申請書に記入し試験手数料で1,500円分の収入証紙を貼らなければなりません

この証紙は不合格だからといって、返金されることはありません

試験時間は30分、試験終了後 11時くらいに合格発表

電光掲示板に自分の受験番号があったら、合格です

そして悲しいアナウンスが流れます
『電光掲示板に自分の受験番号がある方は合格です。目の検査を行いますので、2050円の証紙を購入してください』

『電光掲示板に自分の番号がない方は、残念だった方です。申請書類をお返ししますので、さきほど試験を受けた教室へお戻りください』

教室へ戻ると、申請書を手渡され、次回頑張ってくださいと励まされます

申請書には書きなぶった数字が。。。これが試験の点数だと知らされます

45点で合格ですから、44点では不合格です

これが現実です

同じ日に2回受験はできませんので、本日はこれで終了となります

冷静になり、もう一度整理しましょう

まず原付試験に落ちた場合、

1500円の試験料は帰ってきません
センターまで来た交通費も帰ってきません

何の成果もなく帰りの交通は当然払います

一番つらいのは、落ちたという事実です

どうしたら合格できるのか説明します

Related Post

Translate »